差し歯やインプラントはホワイトニングをしても白くならない可能性も

歯を綺麗にするホワイトニングは最近注目されていますが、あくまで自前の歯にしか効果がないので注意してください。

差し歯やインプラントの歯に対しては、どんなにホワイトニングをしても、そこだけ白くならないということになります。

差し歯の部分だけが白くならずに取り残されていると、自然な見た目にはならない可能性があります。

勿論、差し歯も綺麗なものに換えるなど、対処の方法はありますのでご安心ください。

また、ホワイトニングと同時に歯科矯正も受けたい方は、審美歯科という、歯の美しさの改善を専門にしている歯科をお勧めします。

歯のホワイトニングには大きく分けて二つの種類があります。

歯科医院でのみホワイトニングの施術を行うオフィスホワイトニングと、自分専用のマウスピースと薬剤を歯科で処方してもらって、自宅でホワイトニングの施術を進めていく、ホームホワイトニングという方法があります。

さらに、確実な効果を求める方には、歯科医院でも自宅でもホワイトニングを進める方法として、デュアルホワイトニングというものも用いられます。

審美歯科という、美容的な治療専門のクリニックでなら、歯列矯正と同時並行で処置を行う事も不可能ではありません。

コンプレックスだった歯並びの悪さを治すために歯科矯正をしたのですが、始めて早々に体調が悪化したのです。

その時は全く矯正のせいだとは思っていなかったのですが、病院の先生が言うところによると、私は元々の噛み合わせに特徴がある為、歯列を矯正すると結構な確率で肩こりや頭痛が出ることがあるようなんです。

このようなことは初耳でしたし、歯科医からは説明を受けていませんでした。

ブラケットという器具を使って歯の並びを整える歯列矯正。

開始してから、その器具を取り外せるようになるまでには、場合によってピンキリですが、平均して1年から2年ほどは、どうしても掛かってしまうのが実情です。

ケースバイケースなので、もっと早く終わる人もいれば、これより時間がかかることもあるのです。

子供の内は勿論のこと、大人で歯並びを気にされている方は、一日でも早く専門の歯科医に相談するべきです。

歯並びの矯正はどのように行われるのでしょうか。

その仕組みを知っておくといいでしょう。

矯正器具で歯に力をかけて、変な位置に生えている歯を本来の歯並びや噛み合わせに直すという手順になります。

針金を掛けて盆栽の形を整える手法と同じようなものです。

矯正に実際用いられる器具としては、歯に付けるブラケットの中にワイヤーを通した、マルチブラケットというものが一般的です。

さらに、矯正治療が終了した後は、リテーナーと呼ばれる保定装置をしばらく付けておく必要があります。

ホワイトニングの利用にあたっては、沢山ある中でどこの歯科を選ぶのがよいか、お悩みの方もいるでしょう。

そんな方にアドバイスです。

最近は、一般歯科でもホワイトニングできる場合が多いですが、そういった施術を専門としている「審美歯科」と呼ばれるクリニックも最近はよく見かけます。

ホワイトニングの扱いに長けていますから、着色の原因から分析して、歯を美しくすることを第一に考えた治療を行ってくれます。

インプラントや歯列の矯正といった処置を受ける際にも、審美歯科も含めて検討したほうがいいでしょう。

ここ数ヶ月ばかり、ホームホワイトニングを重点的に実施してきました。

歯が白ければ健康だというイメージがあったためです。

ところが逆効果でした。

見た目だけ白くしても、段々と歯は弱くなってしまっていたのです。

意識的に歯茎のケアをすることができていなかったのでした。

他をケアしないでホワイトニングを掛け続けてしまったため、口内に負担がかかり、歯茎が弱ってしまっていて、アイスや冷たい飲み物などを口にすると、沁みてしまうような歯茎になってしまったのです。

あと今更ながら、歯列矯正も歯科に相談しておけばよかったです。

ホワイトニングが最近話題ですね。

手軽な手段で憧れの白い歯をゲットできるという点が何よりの価値です。

ですが、全ての人がすぐに白さを実感できるわけではありません。

また、白さの出方がケースバイケースだというのもデメリットと言っていいでしょう。

笑ったときや喋ったときなどに歯は目立ちますから、一般歯科よりは、審美歯科などの専門医に相談して、自分の希望を伝え、適切な治療法を考えてもらうのがいいでしょう。

さらに、歯並びが気になる方は、歯科矯正も受けるといいでしょう。

歯のホワイトニングとクリーニング、どちらも最近よく聞く言葉ですが、若い女性中心に人気のホワイトニングは、主に美容を目的としています。

人間の歯というものは、日々の生活の中で少しずつ黄色くなっていくのは仕方のないことですが、簡単な施術で白さを取り戻すことができるのがホワイトニングです。

対して歯のクリーニングというのは、歯間に詰まった汚れを綺麗にするもので、ホワイトニングよりも医療寄りの行為ということになります。

また、歯並びを直す歯科矯正というものもありますが、これは見た目の他にも噛み合わせが綺麗になり、歯や骨の病気を将来にわたって防げるという利点もあるのです。

矯正中には飲食の制限もあります。

ざっくり言えば、歯に負担をかける食べ物は避けるのがいいですね。

固くて噛み切れない肉、それに煎餅などは、歯に大きな力がかかってしまうので、控えておくべきです。

また、餅やキャラメルなども歯にくっついて、矯正に悪影響になるので、なるべくなら食べないようにと多くの場合は言われているようです。

[ssba]