シミのないお肌のためには外出時の日焼け対策は必須

まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。

何故こんなことになってしまったのか?

理由はひとつしかありません。

日焼けによる紫外線のダメージです。

出産後、歩けるようになった子供と、ほとんど毎日、近くの公園まで出かけ、午前中たっぷりと遊ばせました。

早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。

ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。

そのため、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。

ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。

ポケットに入れてでも持っていくことにします。

芸能人の肌をテレビで見るとシミなど見当たらない、美しいものです。

とはいえ、芸能人もヒトですから、本当のところは、肌トラブルに悩むことだってあるでしょう。

ご存知の通り、多くの人からの注目を浴びる仕事ですし、悩みを解決するために、他人よりもずっと努力を惜しまないでしょう。

その方法から学んでみると、もしかしたら、肌のお手入れに利用できるかもしれませんよね。

若い人の場合、なかなか自分の肌に危機感を持つことは難しいと思われますが肌のケアをほぼ放棄して、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないでしょうか?

でも、20代の肌だからといって、シワができないなんてことはありません。

肌にシワができる原因は紫外線による刺激であったり、乾燥による損傷だったりしますが、それに加えて、日々のダメージの蓄積が長く肌に影響するのです。

という訳で、シワとは無縁の健康的な肌を保ち続けようとするなら、なるべく20代のうちから、毎日の肌のケアをした方がよく、そうした積み重ねによってしか、美しい肌を長く維持するというのは難しいと言えるでしょう。

つい最近の話ですが、スキンケア中にちょっとした発見がありました。

肌が柔らかい状態でいる場合しわはできにくくなるのかもしれない、ということなのです。

年々深まる目の周りのじわやほうれい線がなんとかならないものか、と思っていたのですが炭酸パックを試し始めてしばらく経ち、肌の感じが柔らかくなってきた頃にはしわがあまり目立たなくなってきたように思います。

炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

毎日仕事仕事で過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。

そんなある日、何気なくのぞいた鏡を前にしてかなりビックリしました。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を突きつけられた気がしました。

この時のことをきっかけとして、私は決心しました。
どんなに疲れて帰宅してもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、お肌を守ってあげよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。

かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。

というのも、肌の一番外側に位置する表皮は薄い層の重なりとなっています。

掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。

表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮もダメージが届く可能性が高まります。

そんな風に真皮が損傷を受けてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。

一日最低2リットルの水を飲むことが全身の健康を保ってくれるでしょう。

もちろん、お肌にも水分補給は必要です。

体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。

老廃物が排出されないため、くすみやシミを引き起こしてしまいます。

また、肌の奥から乾燥して、顔全体にシワが増えて増加していくのです。

ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。

糖質を摂り過ぎるのは要注意です。

糖質は、お肌がくすみ、老化を早める原因になるのです。

体内で糖分がタンパク質と反応し、老化の進行を加速させる糖化物質が全身にたまってくるのです。

この糖化がお肌のコラーゲンに起きると、お肌のこげつきといわれるくすみを起こしたり、シミの悪化や、シワ、たるみの原因になったりする事態になってしまいます。

美白成分に欠かせないものはたくさんありますが、シミに対して効くのがプラセンタです。

嫌なシミとなるメラニンが生じるのを抑えるというありがたい活躍をしてくれるのです。

それに、細胞分裂を活発にする成長因子を持っているので、美肌維持に欠かせない新陳代謝が盛んになって、肌のいらない角質とシミをまとめて落としてくれます。

その他の効果としては、コラーゲンの生成を高めるので、これが美肌の秘訣かもしれません。

欲張りな女子にはもってこいでしょう。

柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるので新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐためにおすすめの食べものです。

ただ、食べ方には注意しましょう。

朝からたくさん食べた後、強い紫外線を浴びると、ソラレンという柑橘類に多い成分が光や紫外線によって活性化し、紫外線への感受性を高めて、むしろシミが広がることもあるそうです。

お肌の負担を軽くするために、みかんは夜食べるのがおすすめです。

[ssba]